オートランド作手ALT

ALTバッジ 2019<夏>
7/15(海の日)~9/23(秋分の日)

☆ 期間限定イベントです ☆
冬期:1月01日~2月28日
夏期:7月(海の日)~9月23日(秋分の日)

2016シーズンより新基準タイム

「2019 基準タイム」

2019<夏> 獲得者 (65名)

<<お知らせ>>

近年の技術進歩による走行性能向上により、2016年度から基準タイムを改定いたします。
基本的に「排気量」「駆動方式」でクラス分けしています。
なお、2015年夏までのバッジ取得回数は、すべてクリア(0回)とします。
ご不明な点は、スタッフまでお問合せください。

認定制度を導入

旧コース時代より雑誌等の紙面でも発表され、ご存知の方もいると思いますが、2002年よりALTでは、他サーキットに先がけ認定制度を導入しています。
これは、指定された月に基準タイムより速いタイムで走行されたドライバーへ「COOL DRIVER」という称号が与えられ、認定ステッカーがもらえるという制度。
「クール」とは、ちょいとむかし風でいえば「いかした」という意味になりましょうか。
あくまでもドライバーの「腕」を判断したいこの制度、できるだけイコールコンディションで挑戦できるよう工夫をしてみました。


順位とは無関係

「COOL DRIVER」の称号が与えられるのは、あくまでもテクニックによって判断されるべきであります。
単純に順位のみで決めてしまうと、一定のレベルにあるドライバーの方でも、エントリー台数の多いクラスでは大変不利になってしまいます。
そこで今回は、まず細かく分けられた各クラスについて基準タイムを設定します。そのタイムをクリアすれば、人数には関係なくOKとなります。
ただし、あくまでも「クール」でなければ認められないのがこの称号、あまいタイムは設定いたしません。


クラス分けを細分化

現在排気量別ランキングにおいて、上位を占めているのはセミスリックタイヤの装着車両。
ラジアルタイヤユーザーにとってランクインは非常にきびしいのが現実です。
そこで今回は排気量別のクラス分けをさらにタイヤ別に行います。これで希望が持てるドライバーもいらっしゃるのでは?
そしてパワーの差を気にされる方のために、過給器の有無についても分けてみました。
ALTではパワーの差はタイムには大きくは影響しないのですが、それでもあえてクラス分けを実施します。
これで精神的にもイコールコンディションでいけるのではないでしょうか。

[2015以前の基準タイム]