同乗同伴の方へ
安全にサーキットをお楽しみ下さい。

  1. コース内への入場、並びに同乗走行には『誓約書』の記入が必要です。記入いただけない場合はフェンスより外側にて御覧下さい。同乗走行も含めて、サーキット走行には危険が伴います。万が一の横転時にはフロントガラスの破損が伴います。近年は合わせガラスを使用する為、鋭利な破片が飛び散ります。怪我の防止のため、袖口の閉まる長袖、長ズボン、手首の部分が締まるグローブを、ドライバーと同様に真夏でも装着して下さい。レーシングスーツ&レーシンググローブを推奨するのは火災から身を守る為だけでは有りません。横転は、どんな車両にも可能性が有ります。サーキット走行にはそうした危険が常に伴うことを認識して下さい。
  2. 見学者、同乗者のコース出入りは、ストレート上に設置しました横断橋を御利用下さい。横断橋上はすれ違いが出来ませんので、両端のおどり場または階段下にてお願いします。横断中は、手荷物などをコースに落とさない様、出来るだけ走行車の来ないタイミングで、頭上にも注意して渡って下さい。また、危険防止のため、横断橋上での『見学』『撮影』はご遠慮下さい。ご協力 お願い致します。ただし、(貸切で)ドリフト走行中の歩行者の横断は禁止いたします。ストレート横の通路は、車両がコース外にはみ出て石を飛ばしたり(何度も有り)、車両自体が飛び出してくることが過去3回ほど(2009、4月現在)有ります。その為、入場ゲート及び、1コーナー手前フェンス付近での見学は禁止とさせていただきます。コースへの出入りは、走行車両の無い時(入替時、休憩時)にお願い致します。
  3. ピット内は給油作業等が見込まれますので、火気の使用は禁止です。煙草は『喫煙所』となります休憩場所にてお願い致します。
  4. 荷物置き場のコンビニ袋はカラスに狙われています(駐車場を含む)。咥えていかれないように荷物の下に隠すなどの処置をして下さい。また、風の強い時はコースまで飛んでいったりして危険です。他にも服や日除けなどの飛び易い物には重しをするなど対処をして下さい。
  5. お連れの方が走行中に、コースに砂利や土をばら撒いてしまったり、パイロンやタイヤを跳ねてしまった場合は、速やかにコーススタッフに申し出て下さい。コース清掃等はサーキットスタッフの仕事ですので、走行者がひとりだけ、または全員お友達同士なら、特にお手伝いの必要は有りません。ただし、その他のお客様がいらっしゃる場合は、お連れ様のトラブルにより走行時間が無くなり、他の走行者に迷惑がかかります。少しでも早く走行が再開できるようにお手伝いをお願いいたします。当事者は冷静な判断が出来ない場合が有りますので、コース清掃が必要な場合は是非加わっていただけます様、お願い致します。他の走行者の身になって下さい
  6. ドリフト有りの貸切走行後にしていただく『ゴミ拾い』は、コース外に落ちたトレッドの破片やタイヤの繊維、スチールのついたゴム片などの大きな塊を拾って下さい。コース上はサーキットの係員が機械を使用して掃除が出来ますが、コース外に落ちたものについては、人の手でないと回収できません。残っていると、草刈り機に絡まったり、跳ね飛ばしたりして大変危険です。皆様のご協力をお願い致します。m(_"_)m
  7. 駐車場内、ピット内は車両が通行します。車両が徐行するのは当然ですが、小さなお子様連れの方は目を放さないよう、手を繋ぐなどして、事故のない様にお願いします。

INFORMAITONに戻る