サーキット走行される方へ

サーキット走行において大切な事

大人の趣味として楽しみましょう。コース内はひとつの社会です。ルールやマナーを守って、お互いを尊重し合いましょう。
他の車両の走行を妨害しない、恐い思いをさせない為(しない為)にも速いものには上手く抜かれましょう。
譲ってばかりで少しも楽しくなかった…ではいけませんが、逆の立場になれば遅い車に詰まってばかりで楽しく走れない…という事も有ります。
お互いに譲り合いの精神を持ちましょう。譲り合いとは、追いつかれた方が『進路を明渡す』だけではなく、「追いつかれてしまった車両が譲ってくれるのを待つ』『安全な所まで追い越しをするのを待つ』事でも有ります。
同じ時間を共有するもの同士、楽しい時間を過しましょう。

サーキット走行の心得

制限速度なし、対向車なしのサーキットは愛車を心置き無く走らせるには絶好の場所です。
自分の思い通りに走らせられた時の車との一体感、そしてドライビングはスポーツである事を実感出来るでしょう。
サーキット走行がスポーツである以上、そこには基本やルール、マナーが存在します。
『知らなかった』では済まされない事にならない様 お願い致します m(_"_)m

  1. コース上では車両が自走できない状態になった場合を除き、停車禁止!走行車両がある間は不用意に車外に降りない!!(横転、火災発生時を除く)他の走行車に跳ねられます!!!2輪車の場合は速やかにコース外へ避難して下さい
  2. スタッフの指示、旗、回転灯の合図には必ず従って下さい。特に赤旗(回転灯)の見落としは重大な事故につながります。
  3. 走行中は周りの状況を常に把握し、自分の限界を超えた走行はしない。
  4. 自分よりも速い車両が後方より接近してきた場合は安全な方法で進路を譲りましょう。追い越しは、抜かれる側にもゆとりのある場所でお願いします。
  5. コースアウトなどのトラブルによって走行が赤旗中断されてしまった場合は、他の走行者に一言謝りましょう。貴方のトラブルによって他の方の走行時間がなくなっています。また、例え謝りの一言がなくとも『明日はわが身』『お互い様』の精神で!

何が起きても、気持ち良く走行を終えられる様にしましょう。ご協力お願い致します。

サーキットでは、万一走行中又は停止中に他車と接触した場合など如何なる状況であっても、その相手を非難したり修理代を請求する事は出来ません。危険な車両に近づかない等、自分の身は自分で守りましょう。サーキット走行は危険を伴うスポーツであり、そうしたリスクを常に背負っている事を念頭に入れて楽しい走行にして下さい。

*走行前に記入する誓約書は良くお読み下さい。同意していただけない場合は走行できません。

INFORMATIONに戻る